ムーリッカ 焚き火グリドルパン【直径58cm】(MUURIKKA)

ムーリッカ 焚き火グリドルパン【直径58cm】(MUURIKKA)

販売価格 25,240円(税抜)
型番 10-03-muri-0003

 

見慣れない鉄板でしょう?
今まで長方形の鉄板ばかり使ってきませんでしたか?

こちらは、ラウンド型が新鮮でおしゃれな、ムーリッカのグリドルパンです。

焼肉や焼そばも良いですが、せっかくのムーリッカですから、洋風なお料理も良いかもしれませんね!

でも丸いから、巨大お好み焼きや、どでかいパンケーキも挑戦できちゃうかも?!

このグリドルパンは、ガスはもちろんですが焚き火での使用を前提としており、シリーズ中から足付きをBush Craft Inc.がチョイス。

3本の足は着脱可能。
足をつけて、地べたで焚き火をしながらお料理もできます。

※焚き火による地面へのダメージにはお気をつけください
※地べた(直火)禁止のキャンプ場も多いので、施設にご確認ください

既存の焚き火台や三脚と併せて使う場合は、足を取り、付属のボルトで接続穴をふさいでください。
これにより、スス詰まりを防ぎます。

尚、ボルトが付くのはBush Craft Inc.限定の日本だけのサービスです。

収納ケースは別売りとなっております。

かなりの直径がございますので、大人数でのBBQにも十分対応します。
中央部分に向かってラウンドしておりますので、多少の水分の多い料理でも対応可能です。

---------------------------
【シーズニングについて】

新品の鉄製フライパンや鉄板は、初めて使うときにはシーズニング(焼き入れ)が必要です。
1:何も塗らず、空焚きでカンカンに焼く
 ⇒フライパンから煙が出てきてきますが、このときは膜が焼けているのです。
 ⇒次第に煙がなくなり、フライパン色がブルーに変わる
 ⇒全体の色が変わり、変化が落ち着いたら膜が焼き切れた目安。いったん火から離す。
ムーリッカ グリドルパン

2:十分に冷ましてから中性洗剤で洗い、水を完全にふき取る

3:食用油を内側にたっぷり塗り、火にかける
 ⇒中心に油がたまるくらい多めに使う
 ⇒煙が出始めたら火を止める(発火しないよう注意)
 ⇒熱いまま、残った油をキッチンペーパーで表裏全体に塗る
ムーリッカ グリドルパn

4:3番を何度か繰り返しても良い

最終的に、フライパンは真っ黒に変色します。これが本来の姿であり、くっつかないフライパンになります。

仕上げにネギやセロリなど、香味野菜の要らない部分(くず野菜でOK)を炒めることで、新品のときに気になる鉄くささを抑える効果もあります。
ムーリッカ グリドルパン

---------------------------

ブッシュクラフト発祥の地といわれている北欧。

フィンランドのメーカー『MUURIKKA(ムーリッカ)』。

これまで、日本では入手不可能でした。
海外通販の個人輸入でも、日本に発送している店がなくて入手できません。

この度、Bush Craft Inc.が日本での取り扱いを開始し、ブッシュクラフトjpにも入荷することができました!






Facebook Instagram    
Bush Craft Blog ブログ
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

TOP

CART