トリプルサイドBOXストロップ(革砥)

2016年7月新発売!


ナイフ専用ストロップ(革砥)に必要な条件とは?
  • レザーの幅は程よく広く、長辺は十分なストロークがあると良い
  • 机に置いて作業する場合、ナイフを持つ手が机に当たってはならない(つまり高さが必要)
  • 固形コンパウンドは汚れるため、収納場所に困ることがある
  • 使い慣れた形状のほうが作業がしやすい
  • 価格は安いほうが良い
  • コンパウンドの種類に対し、ストロップが2面では足りない時代

この商品にライバルは居ません。なぜなら、完全なオリジナル設計で開発されたストロップだからです。

革面をトリプルにすることで、3色コンパウンドをお持ちのお客様に嬉しい設定になっております。

これまでのストロップの常識を大きく凌駕するビッグサイズレザーとし、巨大なナイフや斧のストロッピングにも対応しています。
長大なストロークにより、シャープニングのしやすさは世界一でしょう。

このサイズを有効活用するため、内部に収納スペースを設けました。

頑丈な作りにするため、10mmの極厚板を採用しております。
内部には、バークリバーやBush Craft Inc.のコンパウンド『3本』がちょうど収まる空間を確保しています。

一発で内容物の状況を確認でき、すぐに取り出したいモノにアクセスできるように細長いフタにしました。
フタを小さくすれば、ゆざぶって中身を出すなどの必要があり、固形コンパウンドは割れの原因になります。


細長いフタのネガティブは『テコの原理』です。
ヒンジ部分に大きな負荷がかかりやすく、破損の原因になりやすいです。

Bush Craft Inc.は、このネガティブに対抗せず、受け入れることにしました。
どれだけ頑丈に作っても、木材の強度には限界があり、それを解決するには大きなコストになり価格が高騰します。

そこで、シンプルな設計にし、わざとガタを出し、『壊れやすい箇所がある』とお客様に言わずと認識していただけるように作りました。

これにより、もし壊れてしまっても、簡単に直せる設計になっています。

もし蝶番部分が壊れてしまったら、ホームセンター等で同じようなものが売っておりますので、ねじ回しで交換していただけますと幸いです。


【こだわりポイント】
  • レザーのコバ(切断面)を密着させない製法により、隣り合うレザーのコバがストロッピングを邪魔しません。

  • 大型ナイフや斧のストロッピングにも耐える大きなレザーを配置しました。
  • 空間を有効活用する収納機能もあります。


  • レザーの質はバークリバー同等です。ウッドは松の木を採用しているので、軽量かつ頑丈です。
  • Bush Craft Inc.の焼き印ロゴ入りです。ブランドがはっきりわかり、コピー品の流通を防ぎます。



<仕様>
牛革レザー
外寸:450x64x62mm
内寸:432x40x40mm
革厚:2mm
重量:570g

トリプルサイドBOXストロップ(革砥)

販売価格 4,500円(税抜)
型番 4573350722978
在庫状況 在庫数 3

 
Facebook Instagram    
Bush Craft Blog ブログ
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

TOP

CART