FALLKNIVEN F1L3G

FALLKNIVEN F1L3G

販売価格 52,240円(税抜)
型番 7340101500119
在庫状況 入荷中

 

大変申し訳ございません。
現在入荷待ちとなっております。

 
このナイフはコンベックスグラインド(ハマグリ刃)となっております。
コンベックス専用シャープナーを使うと、鋭く美しい刃のお手入れがとても楽しく、簡単になります。

高級鋼材"3G"を刃金に採用したF1シリーズの上位モデルです!

画像2枚目は、右側が3G鋼材の接写。
画像3枚目は、わかりにくいですが向かって左側が3Gです。
ロゴが異なるのがおわかりいただけます。

F1シリーズは、いわずと知れた真のサバイバルナイフの一つです。

小ぶりで扱いやすく、携帯性に優れ、耐久性・切れ味ともに抜群。
ブッシュクラフトとハンティングのメッカであるスウェーデンだからこその設計思想だといえます。

空軍パイロットが撃墜・墜落・脱出という状況に陥ったとき、命をつなぐために考えられた、まさにサバイバル(生き残るための)ナイフです。

ザイテル(プラスチック)シースの先端にある穴は、排水のためのものです。

全長    210 mm
刃渡り   97 mm(固定刃)
ブレード厚 4.5 mm
タング   フルタング
重さ    150 g
鋼材    3G
硬度    62 HRC
ハンドル  サーモラン
シース(鞘)レザー



【3G鋼材とは】

3Gの意味は、刃を作っている鋼鉄(スチール)に含まれる
3つのGからきています。
外側の2つの鋼鉄層がVG5で
中心がSuper Gold Powder Steel(通常SGPSと呼ばれます)
という作りになっている為、その3つのGを取って
3Gと呼ばれています。

<VG5−SGPS−VG5>

高級包丁の芯材にも使用されるVG5鋼を
贅沢にも外材として使用し、さらに高硬度のSGPSを
芯材として挟み込み、コンベックスグラインドで仕上げる
ことで、刃持ちの良さと靱性のバランスを取った
ファルクニーベン独自のブレードです。



長文になりますが、以下は、ファルクニーベンの創業者、ピーター氏本人から伺ったお話です。

同社が注目されるきっかけとなった"F1"について、興味深いお話を聞かせていただくことができました。

下記、ピーター氏のお話です。
---------------------------------
依然として"F1"がスペシャルとされるのは、これが完全に新しいデザインコンセプトである点です。
78年当時のサバイバルナイフは、第二次世界対戦から用いられていた、両刃の戦闘用ナイフに非常に似ていたからです。

"F1"ナイフは小型だが、30年間、スウェーデン空軍サーブ39グリペン戦闘機の主要装備としてあり続けております。
先日(2014年9月時点)スウェーデン政府は航空機を60機追加購入する事を決定しました。

1995年当時、折り畳みナイフは驚異的な人気があり、いくつかのアメリカやヨーロッパのナイフメーカーが折り畳みナイフを製造していましたが、シースナイフの製造は行ってませんでした。

そのことが弊社にとって新しい分野に挑戦するきっかけになり、それ以来シースナイフの製造においては世界で1番の地位であり続けています。

F1ナイフはハンティングナイフの設計思想に基づいています。
安全で、濡れても滑らない、握り心地は快適で、ほとんどの手のひらに合います。
ラミネートステンレス鋼は非常に強く、刃の鋼材がVG10ですから、刃こぼれしにくく鋭さが長持ちします。

"F1"のために私たちは、革のシースとプラスチックシースの2種類を提供しますが、通常、安全できちんとしており、丈夫で衛生的かつ安価であることからプラスチックシースをおススメしております。

F1ナイフの何が特別なのかというと(弊社のすべてのシースナイフもそうだが)、手で研いでいる点です。
熟練の職人だけがコンベックスグラインド(ハマグリ刃)の研磨作業を行うことが許可されています。

コンベックスグラインドのエッジは強力で鋭く耐久性があり、サバイバルにおいては理想的です。

弊社のミリタリーナイフのいくつかはNATOのカタログに掲載されており、2000年以降、F1およびS1ナイフは米海軍と米海兵隊のパイロットに正式採用されています。

世界中からの感謝の言葉こそが、弊社のナイフがエリートソルジャーに使用されている事実につながっているという事を理解しております。

私達の"標準仕様"のFIは、VG10鋼材(外側を420J2鋼材で挟み込んである)を用いてラミネート加工されたもので、これが最も売れ行きが良く今までに100,000本売れました。
(ちなみに1984年以来、米軍の全兵士に支給されているオンタリオのM9銃剣で40万本。)

もし私が正しく覚えていればですが、確か弊社のナイフは、スウェーデン、ノルウェー、 フィンランド、 オランダ、ポーランド、ロシア、アメリカで正式採用されており、他の国は採用に向けて計画進行中です。

正確には思い出せませんが、瞬間的に浮かんだだけでもこれらの国があげられます。

タング(ナイフとハンドルの固定部分)は、ハンドルの内側に隠れてしまっていますが、フルタングに近いとても強いタングで、グリップ表面からタングまでの距離は3ミリ未満で、グリップエンドから突き出す長さです。

もしハンドル表面からタングが突き出してしまうとナイフそのものが使えなくなってしまいます。
しかしながら保証率が1万本に1本未満なので、その点はあまり心配する必要がございません。




Facebook Instagram    
Bush Craft Blog ブログ
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

TOP

CART