ロイヤルトルード×3 (B-2)

ロイヤルトルード×3 (B-2)

販売価格 490円(税抜)〜
サイズ

 
よく似た「ロイヤルコーチマン」や「ロイヤルウルフ」との違いはウイングです。

ウルフは左右2束に分かれて垂直に立ったウイングにより浮力にアドバンテージがありますが、トルードは同じウイング材を分けずに寝かせています。
これにより、投射性(空気抵抗)と安定性(水面で転びにくい)に部があります。


フライにおいて、「ロイヤル」と付くのは赤いフロスを巻いたものだけ。

さて、このフライの使い方ですが、日本ではテレストリアル(陸生昆虫)のカテゴリとして使われており、ドライフライとなります。
色調はムネアカオオアリ等を模していると思われますが、トラウト側からは何にでも見えてしまう様子。
初夏から秋口まで出番が多くなります。
この美しいフライでトラウトを掛けると、とても絵になりますね。


【同類のフライとの比較と使い方】

▲大(浮力・アピール)
イヤルハンピー or ハンピーイエロー
イヤルウルフ
イヤルトルード
イヤルコーチマン
▼小(浮力・アピール)
※「繊細な釣り」という意味では上記に反比例し、下に行くほどデリケートな釣りが可能になります。

例えば、白波の立った流れの中にキャストするなら、ハンピーのように浮力があってアピール力の高いものが向いています。
逆に、鏡面のような水面ではコーチマンに近いほうがデリケートなプレゼンテーションが可能です。

【仕様】
入数:3個

※品質改善のため、予告なく仕様が変更される場合があります。

bushcraft 商品カテゴリー

Facebook Instagram    
Bush Craft Blog ブログ
2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

TOP

CART